*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い込みにご用心
ご訪問いただきありがとうございます。



一昨日の日曜日、部屋にいると突然「スースー」と変な音が…

慌てて布団の上にいたジョンを見ると逆くしゃみをしていました


しかしここで疑問が…。

本当に逆くしゃみだろうか?

ちなみに症状は以前から知っていましたが「逆くしゃみ」という名前は
以前に読んだぱん父様のブログで知りました。

ぱん父様ありがとう♪


症状は動画で見たことがあったので間違い無いとは思いましたが、
同じような症状でも違う病気があると聞いたことがあったので
不安になりました

その病気とは気管虚脱軟口蓋過長症

症状は多少、異なるようですが逆くしゃみと思って放っておいたら
もう手遅れだったということも珍しくない病気
らしいです

素人の判断は危険と思い、とっさにカメラを手に動画を撮影し、
5月のドッグ検診のときに血液の再検査を勧められていたので月曜日に
予約を入れて一緒に診てもらうことにしました


これがその動画です。(あまりに急だったので部屋は散らかったまま…
[広告] VPS




で、月曜日に病院に行きまして…
(以下、そのやりとり)

飼い主:「先生、逆くしゃみだと思うのですが動画を撮ってきました」

先生:(動画をしばらく見て…)「これは典型的な逆くしゃみだから大丈夫です」


て、典型的なんだ…


愛犬が典型的かどうか分かるわけないだろ!」と思ったのですがこのあと先生が…


先生:「〇〇さん(←飼い主の名前)みたいに動画を撮ってきてくれると診断が楽で
助かります」とお褒めのお言葉


参考のため先生に気管虚脱や軟口蓋過長症のことを尋ねると、
稀に逆くしゃみだとだと思い込んで病状が悪化しているケースもある」とのこと。



やっぱり不安なときはたとえ取り越し苦労でも病院へ行くべきですね

あと出来れば携帯のカメラとかで症状を撮影しておくことをお勧めします



cats.jpg



褒められて木に登るタイプの私は、血液検査の結果も異常ナシで
機嫌良く家路につくのでした





おまけ

病院に可愛らしいダックスが入ってきて思わず身を乗り出すジョン
DSCN1623.jpg



オマエも男だねぇ~♪






にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

知らなかったです、逆くしゃみ・・。勉強になりました。動画撮影も全く考えた事もなかったです(驚)。ただカメラが苦手で静止画像も満足に撮れない私はどうでしょうね(笑)。ジョンくんの所はもう1人位お友達が居ても良さそうですねぇー。ジョンくんなら優しいでしょう。
べるたまま様
犬が息を吸い込むような行動をすることは知っていたのですが
それを「逆くしゃみ」と言うのは最近知りました。

ネットで「逆くしゃみ 動画」で検索するとたくさん出てきますし
色々な病気の症状なんか予め動画で見ておけば
万が一、愛犬に異変があったときに少しは冷静な行動が
取れると思います。

最近の携帯はカメラの性能が高いので動画の画像も
鮮明になりましたね。

私もカメラが苦手でジョンの正面からの写真が全然撮れないんですよ。
この動画も本当なら先生に分かりやすいよう顔の正面から
撮りたかったのですが斜め後ろからこっそり撮るのがやっとでした。

ジョンの他にもう一人ですか?!
足の踏み場も無い狭小マンションに爆弾小僧一人で
いっぱいいっぱいなのにママ様無茶なことを仰いますね~。
それにこいつ、こう見えて(どう見えて?)やきもちやきなんです(笑)
ジョンくんも逆くしゃみですか〜?
うちもまだときどきやってますが、
害はないにしても胸を押さえたりして
早く収まるようにしています。
診察の時は撮影したものを持っていくのは
良いアイディアですね。
ひとのことは言えませんが、ジョンパパさんって
結構心配性?(笑)
ぱん父様
「逆くしゃみ」の名前、ぱん父様のブログで
知りましたから助かりましたよ~。
本当にありがとうございました。

害は無いにしても辛そうで可愛そうですよね。
うちは鼻をつまむと治ります。

普段、あまり使わないカメラですがこの時ばかりは
「買って良かった~♪」と思いました。

結構心配症?いえいえ、かなりの心配性です(笑)
おかげで中防の時はマッポおまわりさんに
見つかった時の逃げ足は一番速かったですから…。(えっ!?関係ない?)

ぱんちゃんと仲直りしましたか?
タイミングを逃さないでくださいね(笑)
さすがジョンパパさんですね、素早い行動力!
ジョン君、何でもなくて良かったですね♪

動画がこういう時に役立つなんて、考えたことなかったです。
なかなか口で表現出来ないですもんね!
良いこと教えてもらいました、ありがとうございます^^
ピノホリママ様
ご心配いただきありがとうございます。

いきなりスースーやり始めた時はちょっとビックリしましたが
ネット上でいろんな症状の動画を見ていたので少しは
心の準備が出来ていたように思います。
それに血液の再検査で病院に行く用事があったのはラッキーでした。

出たり出なかったりするような症状でしたし、
口下手(←ママ様、ここ大事ですよ~(笑))な私ですから先生に
上手く伝えられないだろうと思い、動画に撮りました。

ママ様ならカメラお上手ですから私なんかよりキレイに撮れるでしょうけど
病気目的の撮影は一度も使わずに済めばそれが一番ですよね。
うち しょっちゅうフガフガやるんです
パピーの頃 心配でお医者に診てもらったことあるんですが
ナニ なんでもないでしょ?的お答えいただきまして・・
動画撮る!これ思いつきませんでした
外でしか見せないからどうかな 撮れるかな・・
今はハーネスにしたからだいぶなくなりましたが。
さのあママ様
シロップ兄やんもやりますか?!

初めて見たときはビックリしますよね。
掛かりつけの先生も「あ~、これね」みたいな対応でした…。
でもこれだけ医学の進んだ時代でも原因がはっきりしないのは
正直不安です。

ジョンは兄やんとは反対に家の中だけでやるんです(汗)

室内のほうが動画は撮りやすいかもしれませんが
出来れば二度と撮らずに済んで欲しいものです。
うちはよく姐御がやります。
もこもたまーに、小型犬や気管が細い女子に多いかな?と思ってました。

今まで中型を飼っていて、コーギークラスではじめてこれを経験して、
すごーく心配になった方からと以前メールで相談されたことがあり、
先生に聞いたら、軟口蓋が少し長いからかも?と説明されたこともありますよ〜。
でも軟口蓋過長症は、パグとかの短頭種に多い病気ですよね?

うちは猫が今くしゃみが妙に増えて、鼻炎か?とドキドキしています・・・
はなちょびぃハハ様
あの姐御が逆くしゃみをですか!?(汗)

逆くしゃみを起こしやすい犬種とか何か統計でもあれば
いいのにと思いますね。

軟口蓋過長症って最初は短頭種に特有の病気だと思っていたのですが
調べてみると稀にキャバリアとかヨークシャー、チワワなんかにも
起こる可能性のある病気なんですね。

ちゃむちゃん、くしゃみが多いんですか?
長生きする猫ちゃんでも12才っていうとやはり高齢なんですよね。
猫のくしゃみって結構色んな病気のサインだったりするみたいなので
あまり続くようならお医者さんに診て頂いたほうがいいかもしれませんね。
プロフィール

ジョンパパ

Author:ジョンパパ
相棒:ジョン(ミニチュアダックス6才♂)
性格:典型的な内弁慶
特技:早食い、どこでも寝る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。