*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペット通販苦情(YOMIURI ONLINE 4月18日付記事より)
ご訪問いただきありがとうございます。

今日のニュースを見ていたらひとつの記事が目に入りました。
30万の子犬、来た日に衰弱死…ペット通販苦情

(以下は記事からの転記です)

犬や猫のインターネット販売を巡るトラブルが相次いでいる。

 「購入後すぐ死んだ」「代金を払ったのに届かない」といった苦情は、
国民生活センターが統計を取り始めた2006年度以降、昨年度までに約960件に上る。
国は年内にも動物愛護法を改正し、対面販売の義務化を盛り込む方向で検討している。

 ネット販売では、業者のサイトに掲載された写真から客が好きなペットを選び、メールで
注文するのが一般的。一度に多種類から選べ、価格も店頭販売より1~2割程度安い場合が
多く、人気を集めている。

 国民生活センターによると、ペットのネット販売に関する相談は、熊本県内の
特定業者への苦情が相次いで急増した09年度を除き、年間150件前後で推移。
昨年度は164件(速報値)だった。

 ペットが感染症にかかっていることが多く、神奈川県の20歳代女性が30万円で購入、
空輸で送られてきた子犬は、空港で引き取った日に体調を崩し、衰弱死した。代金を
だまし取られる被害も相次いでおり、同センターは「ネット業者は連絡がとりにくく
トラブル解決が難しい」と指摘する。

 環境省の調査でも、ネット販売などでは2割以上でトラブルが発生。購入された
ペットの1割強は、健康状態が悪かったという。

 こうした事態を受け、同省の諮問機関は昨年12月、ネット販売について、業者に対し、
事前に購入者とペットとの対面を義務化するよう提言。今月中にも、法改正の骨子案が
まとまる見通しだ。

(2012年4月18日08時24分 読売新聞)

-----------------------------------------

この記事をご覧になられた方もいらっしゃると思います。

人それぞれ思い、考えることは色々あると思いますがペットの通信販売というのは
いかがなものかと思ってしまいます。
もちろん全部を否定するつもりはありませんが売る側のモラルとともに
買う側にもモラルが求められるということです。
「届いた時点で体調が悪い場合は交換します」なんてうたい文句に乗せられて
安易な購入に走るケースもあります。

自分はペットショップでジョンを購入しました。
しかし決して安易ではなくそれなりに悩み、決心をしたうえでパートナーにしました。
ペットショップにしても里親、ブリーダー放棄、そして通信販売など
その選択肢は飼う側の人間に委ねられているわけですが預かった命を
全うさせることは飼い主となる人間の最低限の義務だと
思います。


安易な購入は殺処分の頭数を増やす原因につながります。
飼う前に真剣に考え、悩み、実際に手にとってこの子なら
家族に向かい入れてもいいのか、そして最後にもう一度自分の気持ちを
確認してから飼い始めても遅くはありません。



CIMG5315.jpg



愚痴のような内容にコメントをいただいては申し訳ないので閉じさせていただきます。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ジョンパパ

Author:ジョンパパ
相棒:ジョン(ミニチュアダックス6才♂)
性格:典型的な内弁慶
特技:早食い、どこでも寝る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。